yuzaのブログ

幕末から明治を舞台にした小説を中心に載せています。

犂について

 私は農業を知らない。しかし不思議なことに犂のことは知っている。

 犂と聞いて知っている人は少ないらしい。我が国では平安時代に大陸からもたらされ、その後千年以上かけて改良を重ね、明治から昭和初期まで全国の農家で使われてきた農具だ。たとえば佐渡島では、昭和33年までは使われていたが、それ以降は姿を見なくなった。耕耘機に取って代わられたのだ。

 牛や馬が不思議な農具を取り付けられ、後ろから御者が声をかけながら手綱を引く光景を、60歳前後の方なら見たことがあるかもしれない。それはちょうど過渡期の記憶であろう。この後農法は機械化が進んだ。田畑での役目を終えた牛馬は、荷役として農道を歩むようになった。

 過渡期の後の様々な変化を悪しきものとして捉える人は多いだろう。昭和40年代は公害が顕在化し、右肩上がりであった経済成長も止まり、やがて来たる不況の伏線ともなった。その原因を、農業に留まらない機械化をはじめとする社会構造の変化、それに端を発する人心の荒廃に求めれば、容易に支持を得られるかもしれない。私自身、機械による大量生産より手間暇をかけたものを愛したい。

 しかし、である。機械化はその分野に携わる人々による努力の証である。犂が導入されたことで農民たちは作業の能率化と省力化に成功したという。それは耕耘機が普及した昭和30年代に加速する。ひずみが出たのは残念なことだ。然れども犂の力が農民の負担を軽くしたのも事実であろう。仮にこれが、明治6年の学制施行の頃に実現していたら、就学率の上昇も速くなったであろうし、森有礼も暗殺されずに済んだかもしれない。

 私は農業を知らない。しかし犂を広め現代の農法の礎を作った馬耕教師たちを知ることができたのは望外の喜びである。

 彼らが残した足跡と礎が元になっているであろう米や野菜を、今日も私は食べる。納豆ご飯とロールキャベツが美味しい夕食であった。