yuzaのブログ

幕末から明治を舞台にした小説を中心に載せています。

Jドリームについて

 好きなマンガとして挙げているJドリームを、どれだけの人が知っているだろう。

 本作は20年以上前に連載していたサッカーマンガである。当時のJリーグチームを実名で登場させ(主人公は浦和レッズに所属していた)、Jリーグ開幕からドーハの悲劇までを余すところなく描いた名作である(個人的にはそう思っている)。

 ところがこのマンガを話題にしている人をついぞ見たことがない。2年前、ある雑誌でJリーグ20周年を特集しており、サッカー関係者や漫画家のインタビューも載っていた。私は原作者がインタビューに応えてくれていると期待したのだが、原作者もJドリームもどこにもなかった。一体何があったのだろう。

 今年はサンフレッチェ広島Jリーグを制した。Jドリームにも登場したこのチームは、主要キャラの一人が所属していたチームでもある。膝に不安を抱えるこのベテラン選手は、試合中に骨折しながらも最後まで戦い抜いた。このキャラクターの生き方には賛否両論あるだろうが、「サッカーが大好きで・・・」という思いを見開きで吐露しながらオフサイドトラップをかけるシーンは名場面だと思っている。

 今年は清水エスパルスが降格してしまった。このチームにも主要キャラクターが所属している。その人が胸に秘めていた思いによって、締めくくりたい。

「ヤジも、プレッシャーも、痛みさえ、戦っていればこその!」